沖縄の歴史と文化の象徴である首里城

沖縄旅行が初めて!という人に参考になるようなおすすめスポットを紹介します!! - 沖縄の歴史と文化の象徴である首里城

検索

アーカイブ

沖縄の歴史と文化の象徴である首里城

首里城は、1945年の沖縄戦で焼けてしまいましたが、沖縄の本土復帰20周年を記念して国営公園として1992年に復元されました。

中国と日本の築城文化が組み合わさった独特の建築様式となっており、石組み技術は高い価値があるとされています。
2000年12月に首里城跡は世界遺産として登録されました。
日本で11番目となったのですが、朱色に彩られた沖縄のシンボルと言えます。

首里城は標高120メートルから130メートルの小高い丘の上にあり、那覇の街を見下ろすことができます。
聖地的な存在で、地元の方も散歩しながら立ち寄るという方も多くなっています。
首里城公園は、琉球王国のころと同じように復元されており、綺麗に整備されているので観光にもオススメです。
階段や坂、石畳になっている道も多いので、運動靴などの歩きやすい履き物がオススメです。

バリアフリーの見学コースもあるので、お年寄りの方でも安心です。
車椅子の無料貸出しもしていますし、エレベータもありますから小さなお子さまをベビーカーで連れているママさんも安心です。

たくさんの城門を通ると正殿が現れます。
琉球王国最大の建造物となっており、とても綺麗なので感動すると思います。
無料エリアを自由に見学することもできるので、地元の方でしばらく行ってないな~という場合はおじいちゃん、おばあちゃんを連れて行ってみるのもいいと思います。

首里城には綺麗な花もたくさん咲いています。
ハイビスカスやクチナシ・ゲットウやキキョウランなど、とてもキレイです。
一番キレイに咲くのは3月から4月ごろとなっているので、その時期を狙って観光するのもいいですね。

首里城の有料区域では、毎日開園時に御開門式(うけーじょー)という朝の儀式が行なわれます。
毎週土日には三線体験会(先着5名様)もあるので弾いてみたい!という方は要チェックです。

ドライブしながら龍潭池のほうを通ると、首里城の幻想的なライトアップをみることができます。
日没から24時まで点灯していますので、チェックしてみて下さい。
首里城周辺は、高台になっていて夜景が見えるところもたくさんありますので、夜のドライブをするなら首里城周辺はイチオシです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫